所沢の歴史

所沢の地名の由来は「トコロ(野老)」が群生する湿地が由来だと言われていますが、はっきりしたことは分かっていません。ただ昔は「野老澤」と書いて「ところざわ」と呼んでいました。

 

その歴史は有史以前にまでさかのぼり、約2万年前には人が住んでいた跡が残っています。旧石器時代の遺跡を残す砂川遺跡などもあります。また古代では武蔵国に含まれており、武蔵国と上野国の国府を結ぶ東山道武蔵路という官道が築かれた場所でもありました。また日本武尊が立ち寄った地という伝承があり、地元の所澤神明社や北野天神社の社伝として残っています。

 

所沢が脚光を浴びるようになるのは平安末期、武蔵七党として活躍した武士団の村山党の本拠地となります。鎌倉時代には鎌倉街道のルート上に位置するようになり、交通の要衝として栄えました。鎌倉末期には新田義貞がこの地で鎌倉幕府軍と激戦を繰り広げた武蔵野合戦の舞台にもなりました。

 

江戸時代では江戸に程近い地域ということで幕府の天領となっており、江戸街道、秩父道などの街道が集まる交通の要衝、物資の集積地として大いに繁栄しました。

 

近代に入ると1876年に現在のように埼玉県に組み入れられ、1911年には日本初の飛行場も設置されています。そのため所沢は「航空発祥の地」とも言われています。

 

所沢が全国的に知れるようになったのは1978年、西武グループがプロ野球球団を買収、西武ライオンズ球場を築いたことでした。以後、現在でも所沢の顔として西武ライオンズの西武ドームには多くの人が訪れています。


所沢の見どころ

所沢の代表的な見どころというと、どこになるのでしょうか?観光でそのあたりに行ったときでも、たまたま立ち寄ったときでも、見どころを知っておくと参考になりますし、その土地を効率よく見ることができますよね。ここでは、所沢の見どころを紹介してみたいと思います。

 

所沢の見どころはたくさんありますが、まずはとなりのトトロの舞台になったともいわれる、狭山丘陵(トトロの森)が代表的な見どころです。所沢は多く自然を残していますが、トトロの森はそのなかでも散策しているだけで心が洗われるような気持ちになれるでしょう。映画好きの方はもちろん、トトロが好きという方は散策してみてはいかがでしょう。また、航空記念公園、航空記念館などは、飛行機が好きな方にとっては見ごたえのある場所だと思います。全体的に所沢は、駅前は栄えていますが、少し離れると「田舎」といっていいくらい、緑の多い場所です。見どころをいくつか見たいなら、車があると便利かもしれませんね。また、西武ライオンズの本拠地ですので、野球がお好きな方は球場に足を運んでみてもいいでしょう(時間が合えば、ですが)。実際に見れば迫力がありますし、「本場で見た」というのは思い出に残るのではないでしょうか。
男性向けには実は風俗のお店もあります。しかも数あるデリヘル埼玉の中でも大宮のデリヘルと並んで所沢のデリヘルは非常にレベルが高いと評判ですので、所沢でデリヘルをまだ利用したことの無い人は一度チャレンジして見るのも面白いかもしれませんね。
グルメや名物としては、取り立てて有名なものはありませんが、うどんや焼だんごが有名で、市内のお店のマップなどもありますので、チェックしてみると良いでしょう。どちらも胃にもたれませんので、食べ歩いてみるのも楽しいですよ。